Excel源泉票

Excel源泉票 平成25年版

Excelで源泉徴収票を簡単作成 アドバイス付き

完全な説明を見ます

賛成票

  • 給与所得の源泉徴収票を簡単に作成
  • 入力に関するアドバイスがあり、ミスを減らせる

反対票

  • 入力間違いは指摘してくれない

良い
7

Excel源泉票は、Microsoft Excelのシートにある必要項目一覧を上から順に入力していくだけで、「給与所得の源泉徴収票」を簡単に作成できるツールです。「半角で入力してください。」や『「法定調書合計表」の右上の番号を写します。』などの指示に従って入力するだけで、素早く作成できます。中小企業を営む人であれば会社名や住所などを入力して印刷して従業員に渡すことで、従業員が手書きで書く手間やミスを減らすことができるでしょう。源泉徴収票の項目を簡単に入力できて自分で印刷できるツールを探しているという人にお勧めです。

[PR]もっと使いやすい3,000円お得なクラウド版Office

作成できる帳票は、給与所得の源泉徴収票(税務署提出用と受給者交付用)、給与支払報告書(市区町村提出用2枚、高額所得者用含む)の4枚です。源泉徴収票を作成するには「gensen221.xls」をダブルクリックしてExcel源泉票を表示します。Excel源泉票は「入力欄」と「帳票欄」という二つのシートに分かれています。まずは「入力欄」の左側に住所や氏名などを入力します。入力した内容は自動で帳票に転記されます。帳票は「帳票欄」シートで確認できます。

Excel源泉票の「入力欄」右側には入力へのアドバイスが記載されています。例えば、「*署番号と整理番号はわからなければ空欄にしてください。」や「税務署の指導によると、手書きの場合は支払者印が必要だが、コンピュータで作成したものについては不要だそうです。」など作者が実際に税務署から受けた指導やアドバイスが書かれています。アドバイスを参考にして、入力ミスや不備を防ぎましょう。

Excel源泉票は源泉徴収票の入力をサポートしてくれますが、間違いを指摘してくれません。例えば、半角で入力すべきところでも全角で入力できてしまいます。記入した内容が正しいかどうか、きちんと確認してから印刷するようにしましょう。

Excel源泉票は、「給与所得の源泉徴収票」を簡単に作成・印刷するためのサポートをしてくれるツールです。

Excel源泉票

ダウンロード

Excel源泉票 平成25年版